バリフ(レビトラジェネリック)

バリフはレビトラのジェネリック医薬品です。

レビトラは2019年11月現在、医療機関やクリニックでも品薄状態が続く人気のED治療薬となっていますが、日本ではレビトラのジェネリックが承認されていないため、処方されることがありません。

そんな理由からレビトラにジェネリックがあることを知らない男性も多くいるのが現状です。

今日はそんなレビトラジェネリックであるバリフとは一体どのようなものなのか?
特徴や注意点、実際に使った事のある男性の口コミなどを元に記事公開させていただきました。

バリフ(レビトラジェネリック)

バリフの特徴

バリフは錠剤タイプ、そしてゼリータイプもある珍しいレビトラジェネリックです。
しかし今回紹介するのは通常の錠剤タイプとなっているバリフで、黄色の丸型錠剤なのが特徴です。

有効成分はレビトラ同様「バルデナフィルを」を配合しているので、血管拡張作用によって血流を改善しつつ、勃起の妨げとなるPED-5酵素を阻害する事でEDを解消する医薬品にあたります。

日本でも処方が許されているレビトラの用量は5mg、10mg、20mgと3段階用意されており、個人の体系や実際の症状に合わせて処方されています。
しかしバリフの場合には海外製医薬品となっており、ターゲット層が海外男性となっているため、体格の大きい方に向けて20mgのみの展開となります。

20mgは国内でも処方されるものの、初めての方や高齢者などに関しては開始容量が5mgとなっているため少し多いかと思います。
そんな日本人はバリフをピルカッターで半分にすることで、10mgとして使いながら残った錠剤を大切に保管することで次回使うことが可能です。

製造はインド・ムンバイに本社を構えるアジャンタファーマ社です。

アジャンタファーマ社はインド全域だけに留まらず、世界130か国にも自社製品を輸出しており、その実績から2017年にはインド100社の偉大な功労者に与えられる賞も獲得する大手企業です。

日本の厚生労働省にあたるアメリカの政府機関FDAにも自社製品が17商品承認されており、その完成度は折り紙付き。
そんな安全性と品質の高さから生まれたレビトラジェネリックこそバリフです。

バリフの効果・効能

バリフはレビトラと同じ効果を持ち合わせます。
正しい服用方法を守り、用量をコントロールすることでEDを解消できる効果があります。

バリフ最大の特徴は他のED治療薬に比べ即効性が高い事。
水に溶けやすい性質を利用し、内服後はすぐに身体に馴染んで効果を発揮します。

個人差はありますが、15分~30分程度で効果を得ることが可能です。
ひとたび成分が身体に馴染めば成分量によりますが5時間程度は効果を持続することができます。

バリフ含めED治療薬はPED-5阻害剤とも呼ばれPED-5酵素を阻害することで勃起を持続させることが可能です。
また血管拡張作用もあり、勃起のメカニズムとなる海綿体へ血液を流れ込みやすくすることで、勃起を促します。

この2つの効果によって、EDを解消することができます。

バリフの副作用

バリフには副作用があります。
これはジェネリックだからと言うわけではなく、先発レビトラにも副作用があるように同じ成分を使用していれば副作用も当然あると言うことです。

基本的には効果の部分で説明しましたが、血流が良くなることで引き起こす症状となります。
お酒を飲めば血流が良くなり、顔が赤くなるように同じような症状があると言えます。

これら以外でも軽度な副作用がいくつか報告されています。
どれも一時的なもので、重大な疾患に繋がることはなくバリフの効果が切れると共に薄まっていくので深く考える必要はないと言えます。

またこれら以外の軽度な副作用の他、重大な副作用も臨床試験で発見されています。
次に紹介するような副作用が出た場合には、使用を中断して速やかに医師に診断してもらいましょう。

明確な発生率はバルデナフィルの臨床試験でも判明していませんが、これらの症状が発見されています。

発作や不安障害などの精神的な疾患、また本来の効果時間を大幅に過ぎても勃起が静まらない勃起持続減少、一時的な視界能力の低下は主に青や緑色などに見えてしまう症状があります。

ほかにも眼鏡レンズのような丸い形のものが写りこむなどの場合もあるため、すぐに医師に診てもらいましょう。

バリフの注意点

バリフを服用するにあたって注意すべき点があります。
それが薬の飲み合わせ。
バリフに含まれているバルデナフィルは血管拡張作用があるなど、成分に特徴があるため成分同士の相性が悪く飲み合わせてはいけないものがいくつかあります。
それらを以下で紹介していきましょう。

併用禁止

これらは併用により症候性低血圧や降圧作用によって体調を崩す恐れが高いと判断されていることから併用は禁止です。
アミオダロン塩酸塩はQTc延長作用が増強する可能性があるとして禁止されています。

併用注意

これらは急激な血圧低下を引き起こす可能性があるとして注意薬に指定されています。
禁忌のように絶対に禁止と言うわけではありませんが、併用する場合には細心の注意を払って服用する必要があるため現在服用中の方は一度医師に相談してから服用するようにしましょう。

バリフの口コミ

バリフは海外製のレビトラジェネリックです。
日本ではまだ厚生労働省が承認していないため、購入するためには個人輸入代行サイトを使って購入します。

ではこの通販サイトを使ってバリフを購入した方々はどのような口コミを寄せているのか、見ていきましょう。

神奈川・30代後半

通販サイトを使って薬を買える時代になったことが不思議です。
ボタン一つで買えてしまうんですもんね。

千葉・20代後半

EDじゃないけど買ってみた。
薬を通販て犯罪じゃないのって思ったけど厚生労働省のホームページにも情報掲載されててルール守ってたら大丈夫みたい。

大阪・50代前半

レビトラを今まで使っていたのですが、病院側の都合で処方してもらえなくなりました。
ネットを使えばジェネリックが手に入るので代用していますが、まったく変わらず十分です。

東京・40代後半

インターネットの口コミを見ると、通販サイトの薬は偽物があるって書いていて不安でした。
でも安いのでとお試しで購入しましたが、届いた商品はしっかりバリフでしたし効果もレビトラと同じです。
私が使ったサイトが良かったのでしょうか?

愛知・30代前半

医師から処方された薬じゃないと怖い印象なんですけど。
通販で薬を買うって大丈夫なんですかね、、、今迷ってるので、、、

口コミまとめ

通販サイトを使ってバリフを購入することに対しては、日本でレビトラジェネリックがないだけに不安になっている人が多くいる印象でした。
しかし実際に購入した方々からの意見としては、正規品でしっかり届くので安心して使える口コミが過半数を占めていた印象です。

バリフの体験談

通販サイトの口コミに続いて、次は実際にバリフを使用した方々の口コミも合わせて見ていきましょう。

東京・20代前半

色々と飲んでみたんですけど、バイアグラやシアリスよりもやっぱレビトラです!
ただ俺にとってレビトラは高額過ぎて死活問題なので、ジェネリックのバリフが安上がりで最高です。
最初は抵抗があったけど、今では財布に必ず一錠忍ばせてます。

新潟・30代後半

効果はレビトラと変わりありません。
しっかりと勃起しますし、最大の特徴である効果の早さもピカイチです。
ただ薬の向きが20って書いてる側とVのマークがランダムになっていますね。
口コミを見るとそのようなことが多いようなのですがこれは普通なのでしょうか。
日本の製薬会社であれば絶対にありえないですし、見たことがないです。

長野・40代後半

初めての服用でしたが20mgからではなく錠剤を半分にしてと書いてあったので、指示通りに半分から服用してみました。
もちろん初めてなのでどのような効果を発揮するのか楽しみで、空腹で飲みました。
エロ動画をおかずに見てみましたが手を使わずとも息子がどんどん大きくなっていくのです。
購入出来て良かったです。

大阪・30代後半

バリフ愛好家です。
夜勤勤務なので、早朝4時に帰宅したらまずバリフを飲みます。
その後過眠程度に睡眠を取るとちょうど明け方に効果が効いているのでそれを利用しまず一回抜きます。
そのあとに朝キャバに行って、キャバ嬢のパンチラを目に焼き付けて帰って再度抜きます。
このルーティンが本当に興奮しますよ。
注意すべきは朝しっかりと抜いておかないとキャバ嬢に欲情してしまい我慢できなくなってしまう場合があります。

埼玉・40代前半

通販では色々なレビトラジェネリックを目にしますが、個人的にはバリフが一番良いです。
同じ成分を使っているのできっとどれも同じ効果なんでしょうけど、飲みやすさと安心性からバリフ一択で購入しています。
効果に関してですが、レビトラを飲んだことがある方であれば分かると思います。
早く効いて抜けるのも早く、副作用があまりないので安く購入したい人はおすすめですね。

体験談まとめ

バリフは世界的に有名なレビトラジェネリックというだけあって、効果はレビトラ同様となっている口コミばかりでした。
注意すべきは20mgのみの展開なので、錠剤を半分にして服用することで安心に使うことができます。

バリフの総括

レビトラジェネリックは日本の厚生労働省において、未承認となっているため購入するためには個人輸入を使うほかありません。

また、現在レビトラの製造工場であるドイツのバイエル社が製造を減少させているのか、日本に輸入制限がかけられており、ほぼ入手困難と言っても良いでしょう。

レビトラは自由診療のくくりになりますので、診察代と薬代を合わせると10,000円は超えてきます。

これは継続的に服用することを考えると、大きな出費となるので、少しでも費用を抑えながらレビトラの効果を得たい人、そんな方はバリフにシフトチェンジすると良いでしょう。

運営者情報・プライバシーポリシー