個人輸入の医薬品通販に関して

ED治療薬など、生命に関わる事のない症状改善の治療薬には、自由診療となり保険が適用されないことが多いと思います。

そのため価格も割高になり、家計の負担になることも多いと思います。性生活の充実はQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上にも繋がるものなので、ないがしろにできないものです。

そんな方には個人輸入での海外医薬品の購入がおすすめです。国内では処方のみでしか購入できない医薬品や、安価なジェネリック薬が購入できます。

こちらでは医薬品の個人輸入について解説しています。

個人輸入の医薬品通販に関して

個人輸入とは

個人輸入とは一般的に、個人が使用する目的であれば、海外製品を直接海外から購入することです。自分が使用する以上のものを購入することは原則として禁止されています。

医薬品でも個人輸入は可能です。国内で未認可の海外医薬品も、一定期間使用する量(1~3か月分)の範囲内であれば購入することができます。これは日本の薬事法でも定められています。

もともとは海外で生活していた方が日本に来ても、以前使用していた医薬品を使用できるようにするのが目的とされています。

そのため、国内では自由診療になり保険適用外の医薬品でも、価格の安い海外の医薬品を購入して使用ができます。

その種類も豊富で、新薬以外にも多くのジェネリック薬が存在します。医薬部外品や化粧品、サプリメントや健康食品はさらに多くのものがあります。

海外では処方箋が必要なく医薬品を購入することができるため、使用に関しては自己責任となります。

個人輸入の方法

個人輸入の方法は2種類あります。
1つは購入者が直接、海外の通販サイトや小売店、製造メーカーに注文して購入する方法です。

国内で販売されていないものや、海外での生活が長った方が日本でも海外と同じものが必要となった場合など、個人での使用に限り海外から購入することが可能です。

もう一つが個人輸入代行業者を利用し購入する方法です。現在個人輸入代行の通販サイトを利用して海外の商品を購入する、最も一般的な方法です。

個人輸入の場合、販売者とのコミュケーションは海外の言葉を使って行うことが多いと思います。海外の言葉が堪能な方であれば問題ありませんが、言葉が分からない場合は手間がかかるものです。個人輸入代行業者はその手間を代行してくれます。商品の破損や違う商品が送られてきたなどのトラブルにも対応してくれます。

特に海外の医薬品を購入する場合、輸入代行業者の運営する通販サイトはスムーズに購入することができます。

手順もとても簡単です。

  1. サイトから欲しい商品を選びカートに入れる。
  2. 商品が決定したら、カートの中を確認して購入手続きをします。
  3. 購入者の名前や連絡先、配送先の情報を登録します。
  4. 支払い方法(クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済)を選び、お支払いをして下さい。
  5. 支払いの確認が取れた時点で発送の手続きが行われます。発送完了後、配送番号と共にメールで通知されます。国内の配送システムと異なるため、配送番号の発行や反映がされるまで、数時間から2日ほどかかる場合があります。

個人輸入代行サイトの見分け方

個人輸入代行サイトから通販する際に気になるのが「その通販サイトは信用できる」かではないでしょうか。欲しい商品があっても、それが本物なのか、ちゃんと届くのか、配送のトラブルなどにしっかり対応してくれかなど、不安はつきものだと思います。

安心して通販をするためには、信頼のおける個人輸入代行サイトを選ぶ必要があります。

個人輸入代行サイトの見分け方として以下のものがあります。

個人輸入の支払い方法

個人輸入の支払い方法にはいくつか種類がありますが、主に以下のものになります。

銀行振込

商品を選び、購入手続きをして決定しますと、通販サイトから銀行振込先の情報がメールで通知されます。「振込先番号」「金額」「振込期日」などが記載されています。

期日以内に支払いを完了しないと、注文した商品がキャンセルになります。発送先も支払い完了の確認が取ればければ発送しないので、商品は届きません。
必ず期日内の支払いが必要です。

クレジットカード払い

クレジットカード払いでは、注文完了後に届くメールでカード会社を選択します。
銀行振込やコンビニ払いで購入にかかる手数料がかからず、支払いの確認も早く、商品の発送が速やかに行われます。

購入ポイントが多く付与されるなどの特典も多いのが特徴です。
カード会社から発行される明細書にも、商品の詳細やサイト名が記載されることはないので、プライバシーやセキュリティーの問題や心配はありません。

コンビニ払い

コンビニ払いでは銀行の口座やクレジットカードが無くても支払いすることができます。
決済方法でコンビニ払いを選択すると、支払い完了時に送られるメールから該当サイトへ移動できます。

確認用の電話番号を入力し、支払い先のコンビニを選択します。
コンビニ決済の場合、決済手数料(290円)がかかります。
それぞれのコンビニの指定による方法で支払いを行ってください。

個人輸入の輸送に関して

輸入代行サイトへ商品の支払いが完了すると、商品が現地から発送されます。その際に「配送番号」が発行されメールにて通知されます。
郵便局のサイトや輸入代行サイトから「追跡番号サービス」で配送番号を照合し、荷物がどこにあるかを確認することができます。
海外からの配送は不安がつきものですので、どこに荷物があるかを確認できるのはとても安心です。

商品は個人が住んでいる場所、もしくは最寄りの郵便局留めで発送することができます。

海外からの個人輸入でのデメリットとして、配達されるまで時間がかかる事が挙げられます。発送される国により、およそ7~14日ほどかかるとお考えください。

治療のためすぐに医薬品が必要な場合は、病院で処方してもらうのがいいですが、使用期間が長く常備してもいいと思う医薬品に関しては、海外医薬品の購入も方法の一つといえます。

個人輸入まとめ

医薬品の購入の方法の一つとして個人輸入はあります。購入者自身が使用し、定められた量を購入すれば海外で販売されている医薬品を日本にいながら購入ができるため、とても便利です。
病院に通う必要もなく、診察代などの支払いも必要ありません。自由診療で保険が適応されない症状などは特に病院での処方は価格が高くなってしまうものです。海外の医薬品、主にジェネリック薬は特に、効果は先発薬と同じながら、価格が安い特徴があります。
そんな負担を軽減させる方法としても個人輸入は非常にお得と言えます。

運営者情報・プライバシーポリシー