ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品と聞いて、なんとなく安い薬のことだとは知っているけれど、具体的にどういった薬なのか分からないという方も多いのではないでしょうか?

一言で言うと、ジェネリック医薬品とは厚生労働省の認可を得ることで製造販売できる新薬と同じ有効成分を含有する医薬品のことです。

この記事を読むことで、ジェネリック医薬品とは何なのか簡単に理解できます。
以下で、ジェネリック医薬品とはそもそも何なのか、特徴、価格、安全性にわけて解説していきます。

ジェネリック医薬品とは

医療機関で薬を処方されるときに、「新薬」か「ジェネリック医薬品」か選択することが可能です。
ですが、日本人はジェネリック医薬品の方が安価であるにもかかわらず、新薬を選択する人が多くいます。

その多くの理由は単純に「安心だから」です。

日本人は疑り深い性格のため、ジェネリック医薬品を安いからという理由で危ないのではないかと考える人が多くいます。
逆にアメリカのような国では、医療費が高くつくため、ジェネリック医薬品を選択する人がほとんどです。

ですが、そんな現状から日本のジェネリック医薬品の普及率80%を目標に稼働しており、医療費の削減を目指して国をあげて推奨しています。

ジェネリック医薬品の特徴

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許満了後に発売される後発医薬品のことです。
通常新薬の開発には数百億から数千億円の開発費がかかるため、特許期間が設けられています。

特許期間は独占的に新薬を販売することが可能で、他の会社では新薬のジェネリック医薬品を開発できません。

ジェネリック医薬品の価格

では、ジェネリック医薬品の価格はなぜ安いのでしょうか?

それは、ジェネリック医薬品を開発するときは、新薬のように有効成分の開発などに費用や時間をかける必要がないためです。

結果的に開発費が少なく済み、一般的にジェネリック医薬品の値段は新薬よりも3割以上から5割以上安く提供されています。

ジェネリック医薬品の安全性

ジェネリック医薬品は最近は浸透してきていますが、依然としてコピー商品で安いからという理由で安全性に疑問を持っている人が一定数います。
ですが、ジェネリック医薬品を販売するためには厚生労働省が定める厳しい品質基準をクリアする必要があり、安全性は保障されています。

具体的には、

といった試験です。

これらの試験をクリアしているかで安全性のチェックをしています。

参考・引用サイト

まとめ

ジェネリック医薬品について理解は深まったでしょうか。
ジェネリック医薬品について理解すれば、薬を処方してもらうときに正しく選択できます。
また、新薬からジェネリック医薬品に変更するだけで、大幅な医療費の削減になります。
この記事を読んだことをきっかけに、新薬からジェネリック医薬品に変更を検討してみてはいかがでしょうか?

運営者情報・プライバシーポリシー